読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okadamktの日記

That's what we call a tactical retreat.

大人の態度としての美しさ: 伊丹敬之 『創造的論文の書き方』

書籍

社会学系の大学院や学部の学生を対象に書かれた論文の書き方の心得。

社会学系の論文を書くことに関し、前半はゼミの卒業生との対話として、後半はそれを整理した概論として、「研究の仕方」、「文章の書き方」としてまとめている。

好みもあるだろうが、後半の概論が読みやすい。ただし本書は、論文にまつわる心得、もしくはエッセイに類するものである。本書を読めばそれだけで論文が書けるというものではない。それは他のHow To本や達人の書いたものと同様であり、ことさらに本書に非があるわけではない。

「よいテーマ」とは何か、「仮説」を育てていくプロセス、論文としての「現実」のまとめ方、それを「文章として表現していく」上での心得や「文章化する価値」など、なるほどと思う読者も多いのではないかと思う。特に私は、論文の終わらせ方についての、「『止めを打つ』ということが大切さ」と「望ましい止め」についての部分に共感した。「望ましい止め」とは、未来への拡がりを述べるというよりは、より大きなものの一部であることを述べるとよいという主旨の主張である。

「宙に目をやり、自分のしたことが何の一部だったのか、振り返る」

それは、創造的論文以前に、大人の態度としても美しいではないか。