読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okadamktの日記

That's what we call a tactical retreat.

誰にでも必要な、仕事に役立つリテラシー: 櫻田潤 『たのしいインフォグラフィック入門』

書籍

インフォグラフィックの魅力を知り、その活用の一歩を踏み出してもらいたいと著者はいう。著者はインフォグラフィックを、『これからの時代の新しい読み書きそろばん』、『誰にでも必要とされる新しいタイプのリテラシー』と捉えている。

その言葉通り、本書はデザイナー向けの本ではない。『情報をわかりやすく伝えたい』、『人に伝わる形で視覚化したい』と考えるすべての人に向けて書かれている。

著者のバックグラウンドが、プログラマーであり、システム・エンジニアだというのも読者にとっては有用な情報だろう。

インフォグラフィックとは、情報を視覚化する行為。だから、情報をきちんと解析し、それを編集するプロセスが重要なのだ。著者はそれを、『整理・整頓のプロセス』として記述する。関連する情報を書き下す。次に不要な枝葉を払う。思い切って捨てる。その上で、わかりやすく並べる。日常の仕事の中、で実は上手にはできていないプロセスではないだろうか。

デザインについてはどうか? 著者は凝ったものを勧めない。簡単な図解の組合せ、ピクトグラムの応用を勧める。プロセスが重要なのだ。ここまで出来ていれば、デザイナーとチームが組める。

上述したプロセスを磨くにはどうすればよいのか?著者は、TEDの図解化を勧めている。なるほど、

なるほど、それはかなりチャレンジングで、しかも、上述するプロセスのとてもよいトレーニングになっている。そして、知的にも刺激的で、きっと楽しい。

『なるほど、インフォグラフィック入門』。本書を読み終わった後、私が感じたこの言葉にきっと同意して貰えるだろう。