読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okadamktの日記

That's what we call a tactical retreat.

トカトントン

I先生と車の中でどうでもいい話ばかりしていたら,同乗者のTさんから「二人の話はあんまりどうでもいいから,どうでもいい倶楽部ですね」と認定されてしまう。

そのまま,どうでもいい倶楽部メンバーとして話を続けていたら、「トカトントン」の話になる。なんでそうなったのかは、どうでもいい倶楽部の会話だったので、思い出せない。

「トカトントン」を読んでいなかったし,短くてすぐに読めそうだったので、へ~と思って、青空文庫でダウンロードする。

太宰治「トカトントン」。

読み終わったのはいいが、最後の「ゲヘナ」がわからない。どうでもいい倶楽部のI先生に聞くと、「地獄じゃね」との返事。どうでもいい倶楽部なのに教養あるなぁと感心する。

「それにしても、トカトントン、トカトントン、トカトントントンと連続してなったらお囃子みたいだね」と、引き続き、どうでもいい話をする。

(2013年9月18日, mixi 改)

PS 実際には「ゲヘナ」とは地獄ではなく「永遠の滅びの象徴」とのこと。