読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okadamktの日記

That's what we call a tactical retreat.

金環蝕

Amazonプライムで、ダム開発を巡る汚職事件をモデルにした邦画「金環蝕」を観る。1975年の映画だが、当時は中学生で上映されているのを知っていたレベルでしかない。原作が石川達三だということも知らなかった。

仲代達矢のヌメッとした感じも面白いが、なんといってもこの映画、金融王の石原参吉役の宇野重吉がすごい。宇野重吉が演じるのは新藤兼人の「愛妻物語」のときと真逆の強烈な個性だ。