読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okadamktの日記

That's what we call a tactical retreat.

物語を異なる視点で眺めるようになる: クリストファー・ボグラー/デイビッド・マッケナ 『物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術』

物語を構成する要素・機能をシステマティックに分析、物語を書く人、物語をさらに楽しみたい人のための書。

子どもの頃、戦闘機乗りの物語を読むのが好きだった。飛行機が生まれたばかりの頃の話は個人が輝く物語で溢れている。しかし、やがてその物語は変質していく。初期の個人の物語が終わり、ロジックに支配されるシステムの世界へと変化していく。

国によって物語ること自体のプロセスは異なる。どれが優れているというものでもない。しかし、物事をシステマティックに分解し再構成する能力をプロセスとして持つかどうか、そして、そのようなプロセスを習慣化するほど身につけているかで、彼我の差は生まれていく。

本書は、物語を構成する要素・機能をシステマティックに分析し、自らの物語を構築するための道具群について述べている。本書は、物語を書く人だけではなく、物語をさらに楽しみたい人のための書だ。

内容が目新しいというわけではない。多くの部分はすでに語られたものかもしれない。けれども、ここまで振り切って、道具として割り切り、システマティックに、ある意味、愚直に、物語の要素と機能を再整理したことの価値は高い。

ましてや、物語に対する視点が少ない私のようなものにとっては、物語をいままでとは異なる視点で眺めることができる。